01 概要

By , 2019年4月9日 19:46

最終更新日 2019-11-03

  • はじめに
    AJ広島は、2017年よりブルベのパーマネントコースを公開し、独自に認定を行っています。現在日本国内で実施されている「ブルベ」はフランス語で認定を意味します。AJ広島が独自認定するパーマネントコースは、Audax Japanの直接の管理を受けません。ただし、AJ広島のパーマネントもブルベの中の一つに属すること、AJ広島が現在Audax Japanの管掌下でブルベを実施していること、また2019年より「AJ Permanent」がスタートしたことから、ルールの多くはACP・RM認定ブルベ、ACP認定パーマネント、AJ Permanentのルールに準拠し実施します。またAJ広島独自のローカルルールを適用しパーマネントを実施します。AJ広島認定パーマネントコース完走における表彰等はAJ広島が独自に実施します。いずれの場合もこの表彰等がAJ、ACP等の年間表彰へのカウントになることはありません。この点くれぐれも誤解されませんようにお願いします。


  • パーマネントとは
    パーマネントは直訳すると「半永久的なこと。」と解されます。 つまり「一度作成したコースは半永久的に走ることができるものである。」ということを意味し、コース作成者はその条件を満たすルートを作成しなければなりません。走者はそのルート作成者がルート上に指定する通過証明ポイント(PC)を通過すること、最終的に完走することをもって、規定の期日内にAJ広島に認定申請を行うことになります。BRMとの最大の違いは、自分で出走日時を決められることです。これにより、BRMと同じルートを走る場合であっても、通常の開催時期と異なる時期を選ぶ、スタート時間を変えるなど、自由度が高くなります。一方で、多くの参加者が走ることを考慮したBRMでは採用されないような厳しいコースが設定される場合もあります。また、単独走行になる可能性も高くなります。天候が悪くても中止にする主催者はいません。結果、多くの自由度が得られる代わりに、出走者自身の事前準備と多くの判断が必要になることも特徴になります。


  •  パーマネントの統括団体・主催団体(クラブ)等で共通している点
    主催者はパーマネントの名前が表すように常設ルートを公開していること。 外国のパーマネント説明の中ではOrganizerあるいはRoute Ownerなど呼び方はさまざまですが、パーマネントでいうオーガナイザーはイベントを主催するわけでなく、キューシートやGPSデータなど走行に必要な情報を提供するルート所有者といったほうがわかりやすいかもしれません。 ルートオーナー(作成者)は、半永久的なルートの提供を行いますが、いつ何時それに変更が加わるかは分かりません。 従ってルートオーナー(作成者)は提供するコースの近くに居住していることが理想とされています。 ルートオーナー(作成者)は、作成したルートに変化が生じた場合等は、主催者に通知しなければなりません。走者自身が出走日時を決めること。 いつでも好きなときに走れるが、パーマネントもブルベのひとつなので、必要な手続きをしてルールに従わなければいけない。 条件を満たしていれば、結果として認定を申請できる。 手続きを怠ったり、ルールを無視すれば、それは単にサイクリングしただけであり、公道を走るのは自由だからルートオーガナイザーは関知しないということになります。 主催者が決めた特定日時にスタートし、規定のルートを走り、指定場所を目指しゴールするBRMは、多くの場合参加者の都合は考慮されず走るチャンスはその日に限定されます。 それに対して、パーマネントは、走者自身が出走日時等を決める自由度が高く、ルートが通行止めでない限り、都合のよいときに走ることが可能になります。 しかし、パーマネントではコース保有者は、そのコースに関する情報は提供しますが、参加者があることによって試走を行うことも一切ありません。 予測不可能なルート上の各種状態・規制等についても確認は行いません。 全ては走者が出走の申請から、ルートの状態の確認等一切を行う、自己完結・自己責任がより強く求められることになります。 一般的に開催されているBRMとは、桁違いに高いサイクリストのスキルが要求されます。


  • AJ広島が実施するパーマネントとは
    ACP及びAJパーマネントルールに日本の交通、社会状況を考慮しAJ広島独自のルールで実施します。 AJ広島保有のパーマネントコースを走行申請する場合は、別に定める諸条件を満たしている必要があります。 走行は単独でもグループでの走行も認めます。

 


AJ広島は、2017年よりブルベのパーマネントコースを公開し、独自に認定を行っています。

はじめに

AJ広島パーマネントは、通常のBRMと異なり、参加者が出走日時を決めて走ることができる特別なブルベカテゴリーです。ACP管掌のブルベにもSR600というパーマネントブルベのカテゴリーがありますが、AJ広島パーマネントはSR600ほど厳しい条件は課さず、より広い参加者、ブルベ初心者にも楽しんで頂けることを目指しています。

特徴

AJ広島パーマネントでのBRMとの最大の違いは、自分で出走日時を決められることです。これにより、BRMと同じルートを走る場合であっても、通常の開催時期と異なる時期を選ぶ、スタート時間を変えるなど、自由度が高くなります。一方で、多くの参加者が走ることを考慮したBRMでは採用されないような厳しいコースが設定される場合もあります。また、単独走行になる可能性も高くなります。天候が悪くても中止にする主催者はいません。
結果、多くの自由度が得られる代わりに、出走者自身の事前準備と多くの判断が必要になることも特徴になります。
なお、AJ広島パーマネントはAJ広島独自のカテゴリーであり、ACPやRMの管掌BRM/RMではありません。そのため、AJ広島パーマネントの完走認定を得ても、ACP認定や、Super Randonneur、R5000、R10000 などなどの表彰対象にはなりません。 

出走日時

BRMとの最も大きな違いは自分で出走日時を決められることです。 BRMの場合には、主催者が季節を考慮して開催日を設定しますが、AJ広島パーマネントは季節による天候状況など様々な要素を自分で考えて日時を決めます。ルートには冬期通行止め区間が含まれることもあります。

参加方法

参加資格 AJ会員でエントリー時で年齢20才以上、かつ保険の条件を満たしていれば参加可能です。 
参加規則の詳細は、 AJ広島パーマネント参加者規則に従ってください。

ルート確認

BRMは主催者が実施直前に下見や試走をしてルートの確認をします。それに対して、出走日時を出走者自身が決めるAJ広島パーマネントは、主催者が出走者に合わせてルート確認することはありません。
主催者は事前に冬期通行止めなどの情報を提供する場合もありますが、通行止め期間は年によって変わるものであり、また道路工事や災害その他行事などで通行止めになることもあります。ルートが走行可能かどうかは出走者自身が事前に確認しなければなりません。単独あるいは家族や知人とツーリングするとき、走行可能かどうか調べるのと同じように、AJ広島パーマネントも自分で確認する必要があります。

保険

AJ広島パーマネント出走には賠償保険加入が義務付けられます。出走者は自分の責任でブルベカード有効期間(出走開始からゴールまでの期間)を満たす賠償保険に加入しなければなりません。
公道を使用するサイクリングは本人が安全走行を心がけていても大きなリスクが伴います。自分のケガだけでなく、他人に怪我をさせたり、他人の財物に損害を与える危険性に備えて保険加入は必須です。

ルート

AJ広島パーマネントには累積標高の決まりはありません。コースによっては厳しいルートがあるのもAJ広島パーマネントの特徴です。ただし、AJ広島パーマネントはヒルクライムの速さを競ったり、限られたエリートライダーのために実施されるものではありません。AJ広島パーマネントは、完走することが重要なのであって、他人と競うものではありません。

PC(コントロール)

AJ広島パーマネントは、スタート、ゴールを含む、全てのPCは無人であり、主催者が待機することはありません。BRMにはPCにオープン・クローズ時刻がありますが、AJ広島パーマネントはスタート、ゴールを除く、全てのPCは通過確認のみでオープン・クローズ時刻の設定はありません(スタートとゴールは日時の証明が必要)。AJ広島パーマネントのPCは、BRM同様コンビニなどのレシート取得の場合もありますが、峠の標識などと自転車を一緒に写真に撮って主催者に提出する写真確認が多くなります。

準備

キューシートをダウンロードしてルートの詳細を確認。攻略も含めて、DNF時のエスケープなども検討を願います。自転車を整備し、装備など足りない物を準備します。

当日

スタート地点で出走者自身で車検を行い、装備をチェックし、ブルベカードに出走サインをしてスタートします。スタート後は指定されたPC等を通過し証明写真の撮影やレシートを入手しゴールを目指します。制限時間内にゴールした場合はブルベカードに必要事項を書き込み、自身で完走時間のおよびサインを記入します。

認定依頼~認定

無事完走した場合、主催者にブルベカードや写真類等の証跡を主催者の指定する方法で提出します。主催者はブルベカードや証跡を確認し、完走を認める場合、後日、認定番号が記載されたブルベカードを返送します。なお、AJ広島パーマネントの認定事務は、認定申請ごとに行います。

走行時のトラブル

AJ広島パーマネントは個人的なサイクリングと見なされます。走行時のメカトラブル、事故などあらゆることに対して出走者自身が判断して対処しなければならず、AJ広島パーマネント主催者がサポートすることはありません。AJ広島主催者やコース管理者等はいかなる事故に対しても責任を負いません。

表彰(メダル)

完走記念品(有料)は、各パーマネント主催クラブが用意、購入できる場合もあります。通常のBRMと異なり、BRM完走メダルは購入できません。

 

Panorama Theme by Themocracy