はじめに

By , 2016年8月29日 16:00
  • AJ広島は、2017年よりブルベのパーマネントコースを公開し実施します。

    AJ広島が皆様に提案するパーマネントコースは、「Audax Japan」の直接の管理を受けません。

    まず最初にその点が最も違うことをご理解してください。

    AJ広島が独自に設定するコース・方法での認定走行になります。

    このページの「はじめに」以下を最初にお読みになって先にお進みください。

  • ご不明な点については、当サイト内の「問い合わせ」フォームよりAJ広島にお願いします。

    ※くれぐれも「Audax Japan」その他関連クラブへの問い合わせは、されませんようにお願いします。


  • はじめに
    AJ広島は、2017年よりブルベのパーマネントコースを公開し、独自に認定を行います。
    現在日本国内で実施されている俗に言う「ブルベ」はフランス語で認定を意味します。
    Audax Japanが行っているブルベはACP、RM認定ブルベのBRMとフレッシュ、ACP認定パーマネントのシューペル・ランドネです。
    ※各用語の意味・解釈が混同されやすいので、間違えのないようにご理解をお願いします。
    2017からAJ広島が皆様に提案するパーマネントコースは、Audax Japanの直接の管理を受けません。(その点を特にご承知下さい。) ただし、以下で提案するAJ広島のパーマネントもブルベの中の一つに属すること、AJ広島が現在Audax Japanの管理下でブルベを実施していることから、ルールの多くはACP・RM認定ブルベ、ACP認定パーマネントのルールに準拠し実施します。 またAJ広島独自のルールを適用しパーマネントを実施します。 このパーマネントコース完走における表彰はAJ広島が独自に実施し、この表彰がAJ、ACP等の年間表彰へのカウントになることはありません。 この点くれぐれも誤解されませんようにお願いします。
  • パーマネントとは
    パーマネントは直訳すると「半永久的なこと。」と解されます。
    つまり「一度作成したコースは半永久的に走ることができるものである。」ということを意味し、コース作成者はその条件を満たすルートを作成しなければなりません。 走者はそのルート作成者がルート上に指定する通過証明ポイント(PC)を通過すること、最終的に完走することをもって、規定の期日内にAJ広島に認定申請を行うことになります。 日本にBRMが導入される以前には、その先駆者が日本国内でルートNというパーマネントが実施されていたそうです。 現在、日本国内ではACP認定による「シューペル・ランドネ(Super Randonnes :SR600km) : ルートは現在3つ(2017年追加あり)がありますが、このルートは距離が600kmで累積標高が10000mを越えることがコース設計の条件になっているため、山岳ルートメインで走るためひじょうに厳しいコースになっています。 反面非日常の壮大な景色を楽しめることも大きな魅力であり、完走したときの感動も大きいことも事実です。
  •  パーマネントの統括団体・主催団体(クラブ)等で共通している点
    • 主催者はパーマネントの名前が表すように常設ルートを公開していること。
      外国のパーマネント説明の中ではOrganizerあるいはRoute Ownerなど呼び方はさまざまですが、パーマネントでいうオーガナイザーはイベントを主催するわけでなく、キューシートやGPSデータなど走行に必要な情報を提供するルート所有者といったほうがわかりやすいかもしれません。
      ルートオーナー(作成者)は、半永久的なルートの提供を行いますが、いつ何時それに変更が加わるかは分かりません。 従ってルートオーナー(作成者)は提供するコースの近くに居住していることが理想とされています。
      ルートオーナー(作成者)は、作成したルートに変化が生じた場合等は、主催者に通知しなければなりません。
    • 走者自身が出走日時を決めること。
      いつでも好きなときに走れるが、パーマネントもブルベのひとつなので、必要な手続きをしてルールに従わなければいけない。 条件を満たしていれば、結果として認定を申請できる。 手続きを怠ったり、ルールを無視すれば、それは単にサイクリングしただけであり、公道を走るのは自由だからルートオーガナイザーは関知しないということになります。
      主催者が決めた特定日時にスタートし、規定のルートを走り、指定場所を目指しゴールするBRMは、多くの場合参加者の都合は考慮されず走るチャンスはその日に限定されます。 それに対して、パーマネントは、走者自身が出走日時等を決める自由度が高く、ルートが通行止めでない限り、いつでも都合のよいときに走ることが可能になります。 しかし、パーマネントではコース保有者は、そのコースに関する情報は提供しますが、参加者があることによって試走を行うことも一切ありません。 予測不可能なルート上の各種状態・規制等についても確認は行いません。 全ては走者が出走の申請から、ルートの状態の確認等一切を行う、自己完結・自己責任がより強く求められることになります。 一般的に開催されているBRMとは、桁違いに高いサイクリストのスキルが要求されます。
  • AJ広島が実施するパーマネントとは
    ACPルールに日本の交通、社会状況を考慮したAJ規定に基づき、AJ広島独自のルールで実施します。
    AJ広島保有のパーマネントコースを走行申請する場合は、別に定める諸条件を満たしている必要があります。
    走行は単独でもグループでの走行も認めます。(グループで走る場合は、最大5名までとする。
    ※エントリー時は代表者1名で申し込みを行ってください。 申し込みを確認後代表者に連絡をとります。
 

Panorama Theme by Themocracy